【打倒オフハウス】セカンドストリートには何があるのか?

こんばんわ。

今週は残業しまくりの1週間ですが、今日もなんとか記事を書くことができました。

自分の中で週3で書くと決めたものの最初はいつかは
ペースを守れなくなると思ってましたが、なんだかんだで続くもんですね。
やはり執念って大事だなって思いました(笑)

今回は今まで聞いたことないリサイクルショップ
セカンドストリートへ行ってきました。

リサイクルショップと言えば、
自分はハードオフ、オフハウス位しか出てこないです。

そういった意味ではセカンドストリートは
ハードオフ以上にレアな商品があるんじゃないかとワクワクしています。

ハードオフ、オフハウスとどの点が違うのかも期待です。

店の特徴

行ってきた店舗:川崎千年店

営業時間:11:00 – 24:00

アクセス:武蔵新城駅から徒歩約23分

駐車場:有り

駐輪場、バイク置き場:有り(共有スペースで利用)

店内の広さ:一般的なスーパーより狭い

レジ数:1

混雑状況:少ない

見てきた商品

※店内撮影禁止の為、画像はありません。

店内の雰囲気はハードオフや洋服店と似ていて、
商品は綺麗に陳列されていました。

あまりごちゃごちゃしている感じはありません。

取り扱ってる商品は財布、時計、帽子、サングラス、ジャケット、
シャツ、ズボン、靴、リュック、靴などと衣類と装飾品が殆どです。

取扱商品の種類からオフハウスと似た系統になりますね。

家電、おもちゃ、家具、スポーツ用品などは販売してなく、
買取のみ対応してくれます。

商品の価格帯

シューズは1900 – 8900でした。

見た目はそれなりの使用感があるものから新品と変わらない美品と
幅広い商品が置いてあります。

PUMAのシューズはどれも高めでした。

次はキャリーバッグ。これはかなり安かったです。

容量も2-3泊する為の荷物が余裕で入れられそうな大きさでした。

価格帯は2900 – 5900円です。

帽子はファッションの一つで高そうに思えて以外に安いです。

価格帯は500 – 3000円です。見た目はかっこよく、汚れてるのはほとんどなかったです。

ちなみにブランドものの帽子は1万以上します。

洋服類はズボンもありました。基本的にはハンガーにかけられて展示されてます。

見た目ちょっと使用感はありますが、価格はどれも安かったです。

ジーンズの価格帯は1300 – 2300円です。

その他としてadidasのリュックは1900円で売ってました。

靴、服、財布等もそうですが、革製はどれも高く1万以上します。

基本、安い商品は棚に陳列されていて、高い商品はショウケースにおかれます。

特にショウケースの靴とネックレスはべらぼうに高いです、5万以上はします。

感想

取扱商品が衣料品類と限定されちゃってますが
節約目当てで探せば安い商品はありますし、
そのジャンルのアイテム数は沢山ありますので
自分の気に入るものがみつかりやすいと感じました。

ブランドの知識を学んで行けばそれなりにお宝商品にも出会えそうですね。

ユニ〇ロやし〇むらの様な安い服は買った店がばれそうなので
安く買いつつ買った店がばれたくない時には利用価値はありますね。

スポンサーリンク

フォロー大歓迎!

関連記事