節約色々

通院でこれをやれば便利に使える!その方法とは?

投稿日:2018年7月12日 更新日:

こんばんわ。

毎日休みの状態から一週間がたちました。

特に何か変わった事はありませんが、生活にもだいぶ慣れてきました。

一番の問題はブログ業として忙しくしたい所が少しだらけてしまう所ですね(笑)

あまりネタが思いつかないとゲームやったり動画見たりしてついつい怠けてしまいます。
どうにかしなきゃなー。

具合が悪くなったらすぐ病院に行くものですが、
ちょっと工夫を凝らす事で通院を便利に使える方法があります。

自分は喘息持ちの為、医者に行く機会がそこそこあります。
そこで今まで経験したことから、便利に通院ができる事を教えたいと思います。

え?そんなの普通じゃない?と思われるかもしれませんが最後までご朗読いただけると幸いです。

スポンサーリンク

通院時

診療科が複数ある総合クリニックは避ける

複数の診療科で見てもらわないといけない位持病が多い人はやむを得ないのですが、
例えば風邪をひいてしまったら診てもらう所は内科になります。

しかし診療所へ行ってみたら凄い混んでて30分以上待たされた、こんな経験はありませんか?

もしかするとその診療所、診療科が複数あるのかもしれません。
自分は昔風邪を引いた時、小児科と内科が一緒の所へ行った事があるのですが、
どの時間帯でも混んでて時間がかかった経験があります。

内科で診るなら内科だけの診療所へ行けばそんなに混んでないはずです。

通う診療所は1軒に絞らない

「同じ診療科の所を複数行く意味あるの?」と思われるかもしれませんが、
診療所は土日祝休みがほとんどだと思います。

これでわかったかもしれませんが、いつも通ってる診療所が土日休みなら、
それとは別に土日も動いている診療所を抑えておきましょう。

体調不良なんていつ起きるか分からないですからね。
ただし、初めての診療所は最初に初診料が発生しますので高いと思うかもしれません。

外来は受付開始時間の約15分前か1時間後にする

受付開始時間は非常に混みやすい傾向があります。

どうしても早く診てもらい場合は受付開始前に並んでしまいましょう。
まだ始まってないですけどその前に並ぶのは問題ありません。
大体10-15分前に並んでおけば良いでしょう。
それでもだめならピークを過ぎた時間、1時間後位に来てみましょう。多少空いているはずです。

通院後の処方箋について

診察後に薬をもらう時、処方箋薬局に行きます。
大体診療科の近くにある事が殆どですが、そこでも待ち時間や薬代の節約が出来ます。

薬はジェネリック医薬品にする事で安く抑えれる

Q40
「ジェネリック医薬品」とは、なんですか。
A
先発医薬品の再審査が終了し、その製品の特許が切れた後に、
その他の製薬企業が後発で製造・販売する医薬品です。
「先発医薬品と同じ有効成分を、同じ量含んでおり、同等の効能や効果が得られる」
と認められた医薬品です。後発医薬品とも呼ばれます。

引用元:日本製薬工業協会

新薬と同じ成分を他の製薬企業が作るという事ですね。
このジェネリック医薬品というのが新薬より安いのが特徴です。

同じ成分で安いのであればジェネリック医薬品の方が断然お得ですよね。

通う処方箋薬局は1軒に絞らない

これは診療科とはまた違った目線になるのですが、診療所で見て貰ったら、
近くの処方箋薬局で薬をもらうのが普通だと思います。

考える事はみな同じでそうすると診療所近くの処方箋薬局は混みやすい事になりますね。
そこでも待ち時間をかけるのは嫌だと思いますので予備でもう一軒探しておくといいでしょう。

帰り道にある処方箋薬局でいいです。
ドラッグストアでも処方箋を受け付けてくれる店があるので気になったら探してみてください。

支払はクレジットカードか電子マネーで払おう

処方箋薬局ではクレジットカード、電子マネー決済できる所もあります。
上記ならポイントが付いたりと現金で払うより断然お得ですよね。

ドラッグストアであればその店のポイントカードも使えるようなので更にお得です。

最後に

これらの事は一つ一つは小さなことかもしれませんが、「塵も積もれば山となる」ですからね。

今回はこのブログの方針らしい記事がかけたと思ってます(笑)

病気になったら早く診てもらって薬貰って治したいものですからね、
この記事で少しでも外来から薬の受け取りまでの時間を短くできることを祈ってます。

今まではお金の節約ばかりでしたが、時間の節約も大事ですね。

-節約色々

関連記事と広告

Copyright© 何事にもコツコツと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.