豚の耳をたべてみた。【※虐待ではありません】

こんばんわ。

最近、休日前の金曜に仕事仲間との大盛店巡りをするようになりました。

飲み会と比べたら、お腹一杯食べてれるしお金もそんなにかからないので、
こういうのでしたら結構抵抗感の無い自分です(笑)

今回は普通のスーパーではお目にかかれない豚の耳を買ってきました。

買ってきた店は前回紹介しました、第二の肉のハナマサことスーパーなんぶやです。

大森町駅から賑わいがあり、人込みのある商店街の方へ 少しぶらついてたら、小さなスーパーがあったので寄ってみる事にしました。

間近で見ると、ほんとう豚の耳です(笑)実にでかい。

値段もかなり安く271gで105円です。

100gあたり39円の計算になります。

よーく見ると耳穴と耳奥に毛があるなやいかーい!!(汗)

汚らしいもの見せてすみませんm(_ _)m

しかし買った以上、全部食らいきるのが自分の使命なので毛ごと食ってやるぜ!

さて調理方法はどうするか?めんどくさいから焼き肉のタレで煮詰めるか(笑)

煮詰め後アンド実食

10分に詰めてみました。改めてみると見た目がインパクトあるなぁ(汗)

もちろんの事ですが豚の耳を食べるのは初めてで、
どこから食べればいいのか正直分かりません(笑)

えーい、こうなったら耳の上の部分を豪快にかぶりつくぜー!

かぶりついた感想ですが、歯ごたえがかなりあります。

コリコリしていて油は普通の豚肉よりあっさりしています。

豚小間切れのやき肉には負けますが、中々美味しいです。

そしてコリコリしている部分は軟骨でそこには、
コラーゲンとカルシウムがたっぷり含まれているのです。

耳上部の断面図です。透明な部分が軟骨になりますね。

よし!次は耳の奥側をいただきました。

なんか見た目がエイリアンに出てくるフェイスハガー
足が無くなったバージョンみたい(汗)

奥側は上部よりも更に噛みごたえがあって、甘みがあります。

自分としては奥側の方がすきです。

毛ごと食べちゃいましたが、
今もこうして生きてるので食べても問題ないです(笑)

ただ、豚バラ肉と比べると飽きやすいに上に顎が疲れます。

焼き肉のタレでは飽きてしまったので、切り札マヨネーズをつけて食らいます!

さすがはマヨネーズ、つけて食べるだけでこれほどおいしくなるとは!

顎が疲れて徐々に食べるのがつらくなってきましたが、きあいで食べて完食しました。

一応どの部分も食べることが出来ました。味がまずい箇所は特になかったです。

ですが、次回また食べようとする気はないです。食べきるのめっちゃ大変でした。

コラーゲンとカルシウムたっぷりの豚の耳、1度はご賞味を経験してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

フォロー大歓迎!

関連記事