ロピアの298円弁当を食べてみた。

こんにちわ。

最近米国株がじりじりと下がっており、自分としても苦しい状況に陥ってます。

円高ドル安、オバマケア代替案撤回、トランプの支持率低下、ダウ平均低下と。

今週も恐らく下がると予想してますが、4月に巻き返してくれることを祈ってます。

先週はロピアというスーパーに行き、298円のアジフライ弁当を買ってきました。

アジフライを見ると福本伸行先生作の「最強伝説 黒沢」を思い出す(笑)

見た目は大盛でもなく、普通の弁当です。

中身はソース袋、アジフライ、千切りキャベツ、大学芋、唐揚げ、
ごま塩梅干し付きご飯です。

食べた感想

まずは唐揚げ、サクサクはしてないですけど、塩加減が丁度良くておいしいです。

大学芋は丁度いい甘みがあって食べやすかったです。

ソースは量が少なく、ソース好きの自分はブルドックソースでかさ増しして
アジフライを食べました。

アジフライはちっちゃいのかと思いきや結構分厚いです。

そして味は問題なくうまいです。

おかずのボリュームがあるので、画像のご飯2杯は行けます。

これまで色んなスーパーの激安弁当を食べてきましたが、
味はどこも問題ないですね。

安いほど味に不安があるのですが、もう自分の中では払拭されたと言ってもいいです。

これで量が多ければ最高なんですけど、安さ上ですからしょうがないですね。

以上!どうもごちそうさまでした。

スポンサーリンク

フォロー大歓迎!

関連記事