落札したiphoneが使えないので返金してもらった話。

こんばんわ。

さて、今回は3週間ぶりの雑記記事です。

これは2週間程前の話。

今使っているiphone 5sのバッテリーの持ちに不満を感じ始めたので
iphone seに買い換える事を決意しました。

seは同じサイズなのに5sよりバッテリー容量が多く、省エネの為、
かなりバッテリーの持ちが良いと評判がいいらしい。

しかしseは傷有でも相場では35000前後、美品だと40000近くと、
まだまだ高い状況であります。

そんな中、オークションなら安く手に入るんじゃないかと思いました。

実際に探してみると、結構2万円台で落札されているのも多々ありましたので、
自分も粘りに粘って、seを28000円で落札に成功しました。

こんな感じで調子よくツィートを書いてた訳ですよ。

そして、一番気にしてるのは技適がきちんとあるかです。

これが無いと国内でネットワーク通信を使用すると犯罪になるそうです。

商品説明の時は技適有と書いてあったので問題ないと高を括ってました。

スポンサーリンク

商品届きました。技適は果たして・・・

こちらが届いたiphone seです。

傷有なんて書いてありましたが、とても傷らしいものは見当たりませんでした。

左下のは保護フィルムを綺麗にはがせるテープが貼って合って気配りの良さを感じました。

ここまでは問題なし。さて一番の問題である技適の確認。

技適有って書いてあったがここまで心配しているのには理由がありまして、
iphone seにはモデルがいくつかあって中には技適が入ってないモデルもあるのです。

落札したseのモデル番号は技適が入ってないモデルなのでやや心配だったのです。

このマークが技適マークです。これが入っていれば国内で使用が可能です。

確認した結果ですが・・・

「ない!?ないではないか!!」

まんまとやられました。商品説明には技適有と書いてあったのに(泣)

28000円をドブに捨てた様なもんです。

返金はあまり期待していないですが、
念の為、出品者に技適がみつからない事を報告しました。

そしたらなんと、出品者側が商品説明の記載ミスを認め、
返品返金対応をしてくれると返事がきました。

そして返品へ

使えないseをずっと持っててもしょうがないので出品者へ返品をしました。

返品後、届いた商品の状態が著しく損傷がひどい場合は
返金に応じないという事でしたので、ダイソーでプチプチと梱包用テープを購入し、
ダンボールは郵送時の箱を再利用させて梱包しました。

郵送はゆうパックを利用。この時点でダイソーと送料で830円程消費。

返送後、出品者から数日経って商品が届いたと連絡があり、
数日後に返金するとの事。

そこから数日後、口座を見てみると28000円、確かに入金されてました。

まぁ、保護フィルムを事前に買ったのを貼ってしまったので、
それ含めると1900円程損した事になります。

出品者の返金対応の説明には事前に落札者の送料分までは
落札者で負担するようにと書いてあったので、これは仕方ないですね。

とりあえず、返金してもらったのでよしとします。

この後色々調べてわかった事ありました。

技適の無いモデルに技適をつけるようにするには
何百万と言った莫大な費用がかかるそうです。

・・・そりゃあ技適なんてつくわけないわな。

正直、お金を振り込む前に事前に出品者に技適が本当についてるのか
質問しとけばよかったと所々自分も詰めが甘い点も感じされました。

特にスマホに関してはキャリアやネットワーク制限やモデル番号など
色々と確認しなければいけないのでオークションで手に入れるには
かなりのリスクが伴ってきます。

今回のトラブルでいい勉強をさせてもらいました。

これに懲りずまた安いiphone seが無いかこれからも探していきます(笑)

スポンサーリンク

フォロー大歓迎!

関連記事