【若者向け】会社の生命保険控除で保険料を全額控除にしよう!

こんばんわ。

段々書くネタが無くなってきたのですが、たまに他の人のブログを見るのはいいですね。

特に自分に似たジャンルのブログだと、その管理人を同胞と勝手に思っちゃうし、
アクセス数を競いあうライバルとも思っちゃうので俄然、やる気が出てきます!

今回は会社の生命保険控除によって保険料をタダにする方法を教えたいと思います。

会社から給与をもらっている社会人は年末調整を必ず行っていると思いますが、
年末調整の書類に保険料の控除申告書と言うのも書いていると思います。

あの計算式1とか計算式2とか書いてある紙です。

あの申告書は新保険料が年間20000以下、旧保険料年間25000以下であれば、
全額控除されるという事です。

旧保険料と言うのは平成23年12月31日以前に契約した生命保険になります。

今は新保険料で計算されるって事です。

ようするに新保険料が年間20000しかかからない生命保険を契約すればいいのです。

そんな保険あるの?

自分で調べてみましたがありました。ですがタイトル通り若者向けです(笑)

それはメットライフ生命に入る事です。

このメットライフ生命には終身医療保険があり、
入院費や手術給付金を受け取ることができます。

この手術給付金を受け取れるのは大きいです。

自分は3年前に尿管結石で手術したことがあります。

その時はライフネット生命の終身医療保険に入ってましたので、
手術給付金10万円+入院費2万を受け取る事が出来ました。

メットライフもライフネットと同じ医療内容になります。

ただ、このメットライフ生命は年齢が上がるごとにわずかながら
保険料も上がってしまいます。

自分で公式サイトから料金シュミレーションをしてみましたが、
34歳までは年間20000以下に抑えることが出来ます。

35になると超えてしまうんですけど、もうその年齢になると
がん保険や手術給付金の上限をあげたりなど、保険内容を
手厚くしたいのが正直な所です。

自分も35~40位になったらガン保険等を入れたいと考えてます。

最後に

保険屋の姉ちゃんに高い保険を契約されてしまう前に、
是非自分で安い保険を選び、生命保険控除によって保険料を節約しちゃいましょう。

今回はメットライフ生命を紹介しましたが、ネットで調べれば、
他にも年20000で抑えれる保険会社はありますので
自分に会った保険選びをしてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

フォロー大歓迎!

関連記事