PCX150のスペアキーを作ってもらいました。

こんばんわ。

AT&Tの買収にタイムワーナーが合意したそうですね。
無事に買収が完了してくれるといいですが・・・
今後のAT&Tの活躍に期待しています。

今月PCX150の鍵をなくしてしまったのでスペアキーを作ってもらいました。

img_2555

こちらがマスターキーになるのですが、スクータータイプの鍵はエンジンキーと
鍵穴を空ける為のシャッターキーが一体している鍵になります。

実はこのシャッターキーが中々曲者でして、地元の鍵屋に行った所
エンジンキーは作れるが、シャッターキーが作れないと言われてしまいました。

・・・PCX150はハンドルロックした状態で鍵穴を抜くと自動で鍵穴が閉まるのです。
ハンドルロックせずに鍵穴を抜けというのか(汗)盗まれるわ(笑)

流石にシャッターキーが無いと不安なので電話でシャッターキーが作れることを確認の上、
結果、東急ハンズ池袋店内にあるプラスワンという鍵屋で作ってもらうことになりました。

エスカレーターでへ4階に上がり、奥に鍵屋のカウンターがありましたので
店員に依頼し、マスターキーを提示。

すぐに作ってもらえるわけではなく、30分程かかるとの事。
リアボックスの鍵はどの鍵屋も作ることは不可能で
メーカーから取り寄せるしかないとの事です。

一旦、東急ハンズを出て、猫が沢山いる公園で30分程つぶしてました。
猫大好きなもので(笑)

そして30分後

img_2554

再度入店し鍵が出来あがってました。写真のがスペアキーになります。
基本的にはシャッターキーのエンジンキーの一体化は無理との事でした。

値段はエンジンキーが2500円、シャッターキーが730円、計3230円です。
鍵穴もぴったりで問題なくシャッターもエンジンも起動できました。

ちなみにプラスワンに行く前にメーカーへ行ってみたのですが
納期に3ヶ月かかるとの事でした。

3ヶ月の間に一本なくしたら終わりだろーが!バカヤロー!

とは言いませんでしたけど、心の中で叫びました(笑)

結果として無事にスペアキーを作ってもらいましたが、
鍵をなくすとかかった鍵を開けてもらうのと、
スペアキーを作ってもらうのに時間とお金が非常にかかりますので
皆さんも鍵をなくさないよう十分に気を付けてください。

スポンサーリンク

フォロー大歓迎!

関連記事