まだあった、燃費の良い原付二種

こんばんわ。

半年前は1ドル120円だったのに今では100円を切り始めましたね。

下げ続けるならNISA枠が来年1月に復活するので
1月末まで下げ続けてくれて2月に急上昇してくれると嬉しいです(笑)

以前に自分がお勧めした原付二種のモデルですが
基本、燃費と収納性をメインで選んだものになります。

今回、原付二種の新車について探したら燃費のよさそうな
モデルを新たに2種類見つかりましたので挙げていきたいと思います。

①HONDA ベンリィ110

benly110

スーパーカブと同じ、乗れば配達員の気分になれそうなバイクです(笑)

本体代込の支払総額:25万
全長×全幅×全高:1805 mm × 690 mm × 1040 mm
平均燃費(カタログ燃費):35~45km/L(53km/L)
ガソリンタンク:10L

良い点としてはPCXを超える10Lのタンク容量です。
計算すると満タンなら400kmまでは走れるってことになります。
400kmと言うと東京から名古屋+αまでの距離になります。
高速使わずに東京から名古屋は無いでしょうけど(笑)

そんなに燃料タンクがあるのにPCXより安いってのはうれしいですね。

欠点としては標準装備と収納性ですね。カブと同様にメットインは無いですし
タンデムシートを買わないと二人乗りが出来ません。フロントバスケットと
タンデムシートの購入必須ですね。
たぶんそれらを買うと結局PCXと同じ値段になりそうです…

また、タンデムシートとキャリアボックスはスペース的に同時装着は無理なようです。

タンデムシートをつけた場合の収納はフロントバスケット、インナーポケット、
コンビニフックと後ろにわずかにある輪っか状の荷台(?)に
フック付きロープを通して置くって感じになりそうです。

②HONDA GROM Gモデル

hondagrom

スポーツ型のカッコいいバイクです。
これで彼女を迎えに行けば喜ぶこと間違いなし!?(笑)

GROM-Gは2016年モデルになるのですが
2013年モデルもあり、名前はGROM-Dになります。

本体代込の支払総額:31万
全長×全幅×全高:1755mm×730mm×1000mm
平均燃費(カタログ燃費):50~60km/L(70.5km/L)
ガソリンタンク:5.7L

良い点はカブと並ぶ燃費の良さですよね。
スポーツバイクでこんなに低燃費って珍しいと思います。

欠点としては支払総額、タンデム性能、カブ以下の収納性になります。

まぁこれスポーツ型のバイク全部に言えそうだからしょうがないでしょうね。

それでもインナーポケットは無い、メットインも無い、コンビニフックも無い
これは厳しすぎます。かと言ってキャリアボックス付けたらダサくなりそう(苦笑)

自分は見た目は気にしないのでグロムよりスーパーカブ選んじゃいますね。
コンビニフックあるし、フロントバスケット付けれますしね。

カッコ良くて低燃費なバイクに乗りたいって人向けですね。

感想

今回の2台については一長一短が強いバイクと言う感じがしました。
それでもどちらも長所が短所を勝っていると自分はそう思います。

燃料タンクの多くて長く走れるベンリィ110、
かっこよくて低燃費なGROM-Gと言った所ですね。

ホントHONDAは低燃費で良いバイクを作ってくれます。

ヤマハも見習(ry

スポンサーリンク

フォロー大歓迎!

関連記事