【バイク用品の節約】バイク用スーツ、グローブ、シューズはこれを買え!

こんばんわ。

東芝の損失ヤバいですね、7000億の損失って・・・(汗)

東芝の株を持ってる人はご愁傷さまと言いたくなります。

126cc以上の中型以上のバイクを持つと高速道路も使う時が来ます。

その為には事故の事を考え、グローブやジャケット等、バイク用品は揃えたい所ですよね。

バイクジャケット、ズボン、グローブ、シューズ、プロテクター等をそろえると
およそ5~10万、かかると思います。

5万ってかなりの大金ですよね。バイク代や自賠責、任意保険でも出費痛いのに・・・

ですが、私がこれからお勧めする用品を買えば、3万程に抑えることができます。

まぁ3万でも高いかもしれません。でも頑張ってもここまでしか抑えれませんでした(泣)

どう抑えればいいのか?

方法は簡単です。AMAZONでコミネ製品を買ってください。

コミネ(KOMINE)とはバイク用品のメーカーで店で売ってるバイク用品より
安価なものを取り揃えています。

実際に自分が買ったものがありますので見せていきます。

まずはジャケットとズボン、冬でも着ることを想定してサイズは1ランク上のを選んでます。

このジャケットは10263円しました。つくりはしっかりしていて、
中に背中、肩、肘のソフトプロテクターが入ってます。

自分は170cm/60kgで、Lサイズのを買いました。
着た感じ、大きめですが、ぶかぶかとは感じませんでした。

バイクジャケットは探せば5000円台のもあります。

何故、10000もする方を選んだのは後程紹介する別のバイク用品でわかります。

コミネのバイクズボンです。8440円でした。

腰と膝にソフトプロテクターが中に入ってます。

履き心地は中々良いです。

これがコミネジャケットの効果を引き出す胸部プロテクターです。1285円です。

これのすごい所はコミネのバイクジャケット内に取り付けれる事です。

コミネジャケットには胸部にポケットがあり、画像の様に
プロテクターを入れる事が出来ます。

こうすることによって普通ならジャケットとプロテクターと言う
2回の脱着がジャケットの脱着のみになります。

このバイクグローブは、1300円です。
コミネ製ではありませんが中々安く、着け心地もいいです。

コミネのバイクシューズ、7714円しました。

ちなみにクラッチを使わないビッグスクーターなら安全靴でも代用できるようです。

安全靴なら3000円程で買えるので4000円も節約できます。

最後がこのウォームライニングジャケット。4420円です。

これ何がすごいのかと言うとプロテクターと同様
バイクジャケットに取り付ける事が出来るのです!

言葉で説明するのは難しいので・・・

画像の様にファスナーを繋げて取り付けることができます。

こうすることで冬はウォームライニングジャケットを繋げて、
夏は外すことでどの季節でもバイクジャケットを着て、
高速にくりだす事が出来るのです。

これがコミネジャケットの優秀な点です。

総額はいくら?

コミネ バイクジャケット:10263円

コミネ バイクズボン:8440円

コミネ 胸部プロテクター:1285円

バイクグローブ:1300円

コミネ バイクシューズ:7714円

コミネ ウォームライニングジャケット:4420円

合計:33422円

おわっ!?3万円オーバーしますね(汗)

バイクシューズを安全靴にすれば30000円切りますね。

結論としてコミネシリーズで揃えていけばどの季節でも着用でき、
脱着が簡単になって総コストも3万まで抑えることができます。



スポンサーリンク

フォロー大歓迎!

関連記事